陰部 膣 臭い

MENU

陰部のにおいは膣からのニオイ?膣が臭う気がするときに考えられる原因

陰部のにおいの原因って、外陰部にあることも多いんです。つまり、汚れやムレが原因でにおってしまう場合ですね。このような場合は、通気性を良くしたり、丁寧に洗うことで改善することができます。

 

しかし、「洗ってもすっきりしない」、「外陰部でなく膣が臭う気がする…」という時には、汚れやムレ以外の原因が疑われるので注意しましょう。

 

ここでは、膣がにおう気がする時に考えられる原因をいくつかご紹介していきたいと思います。

膣が臭う原因@カンジダ膣炎

膣が臭う原因の1つに「カンジダ膣炎」が挙げられます。カンジダは膣内に常在するカビですが、膣内の自浄作用が乱れると異常繁殖して膣炎を起こしてしまうことがあるのです。

 

例えば、においを気にして膣内まで石鹸で洗ったりすると膣内の善玉菌が減ってカンジダ膣炎になりやすくなってしまうんですね。

 

陰部のにおいの他に、おりものの異常(カッテージチーズのようにポロポロした感じになる)が見られたらカンジダ膣炎が原因かもしれません。

 

治すためには病院での診察が確実ですので、婦人科の受診をおすすめします。また、再発の場合は市販薬で治療することもできますよ。

膣が臭う原因A細菌性膣炎

膣内に存在する悪玉菌(大腸菌など)が繁殖することでも膣炎は起こってしまいます。

 

こちらもカンジダ膣炎と同じく、膣内の自浄作用が乱れた場合に発症してしまうことがあります。また、性行為後に発症してしまう場合もあるようです。

 

もし、陰部のニオイが「生臭い」ように感じたら細菌性膣炎の可能性を疑ってみましょう。

 

治すためには婦人科での治療が確実ですが、軽いものだと専用の洗浄液で行う「膣洗浄」で治ることもあるようです(例えばこういったものもあります)。

膣が臭う原因B婦人科疾患

膣が臭う原因として、@、Aで挙げた『カンジダ膣炎』『細菌性膣炎』はとてもありふれたもの。

 

しかし、それ以外の婦人科の病気で膣のニオイが強くなる場合もあることを覚えておきましょう。

 

例えば「淋病」「トリコモナス膣炎」でも陰部のニオイが強くなりますし、怖い病気では「子宮頚がん」「子宮内膜症」などでニオイが強くなる場合もあります。

 

これらの病気が原因で陰部のニオイが強くなっている場合はもちろん、自力では治せません。放置して悪化すると不妊症になったり、命にかかわる場合もあるので、膣の臭いがあまりにも気になる時には、念のため、このような病気も疑ってみても良いかもしれません。

 

陰部のにおいの原因が膣にある場合は、放置しているとニオイがどんどん悪化してしまうこともあるので要注意です。

 

ニオイがいつもと違うな…と感じたらそのままにせずに膣炎等の原因を特定し、治療が必要な場合にはしっかり治療するようにしましょう。

 

 

↓↓↓病気ではない、でもやっぱりニオイが何か気になる・・・というときは、上手にセルフケアするのもおすすめです♪
陰部のニオイ対策 最強の方法はこれ!