陰部 かゆみ 臭い

MENU

陰部のにおいとかゆみの関係:どうしたら消すことができる?

陰部のにおいとかゆみは同時に起こることが多い症状です。においだけでも憂鬱なのに、かゆみまで起こってしまったら更に気分が落ち込んで、自信を持てなくなってしまいますよね。

 

なぜ、陰部のにおいとかゆみは一緒に起こってしまうのでしょうか。

 

実は、陰部のにおいとかゆみは、『原因が共通している』場合が多いんですよ。

 

そのため、陰部のにおい、かゆみが気になる方はその両方に共通する原因を取り除くことで症状を消すことができます。

 

さっそく、陰部のにおいとかゆみに共通する原因と、その解消法を紹介していきたいと思います。

陰部のにおいとかゆみの原因@ムレ

陰部のにおいとかゆみに共通する原因として「ムレ」が挙げられます。

 

例えば、生理中やおりものが多い時期などは陰部のにおいとかゆみが同時に気になることってありませんか?

 

その原因こそが、「ムレ」なんです。

 

つまり、ナプキンやおりものシートなどで陰部がムレることで雑菌が繁殖しやすい状態となり、においやかゆみが発生しやすくなるということです。

 

また、生理中以外でも、ストッキングや下着のしめつけなどが原因で陰部が蒸れ、においやかゆみが発生してしまうこともある点に注意が必要ですよ。

 

そのため、陰部のにおいとかゆみを消すためには陰部が蒸れないように注意することが大切です。

 

具体的には、通気性の良い素材の下着(綿など)を身につけたり、タイトなパンツを避けるなどの簡単な工夫でも陰部のにおいとかゆみを消すことができる場合があります。

陰部のにおいとかゆみの原因Aストレス

陰部のにおいとかゆみが同時に起こる場合は『ストレス』が原因の場合もあるようです。

 

もし、身体的な変化はないのに一時的に陰部のにおいやかゆみが気になった時はストレスがないかどうかを疑ってみてください。

 

というのも、ストレスがたまると体の抵抗力、免疫力が落ち、陰部に雑菌が繁殖しやすくなってにおいやかゆみが発生してしまうことがあるからです。

 

このような場合は、ストレスの原因がなくなることでかゆみやにおいが自然と改善することもあるようです。日頃からストレスを上手に発散して陰部のにおいとかゆみを予防していきましょう。

陰部のにおいとかゆみの原因B感染症

陰部のにおいとかゆみが同時に起こる場合、『感染症』を疑ってみることも必要です。

 

例えばカンジダやトリコモナスなどの感染症にかかると陰部に炎症が起き、それがにおいとかゆみを引き起こします。もし、におい・かゆみの他に、おりものに異常があるなどの症状があれば感染症の可能性があることを覚えておきましょう。

 

実は、カンジダが原因のかゆみ・においに悩む女性は意外と多いと言われます。カンジダは免疫力が低下した時などにかかってしまう人も多いありふれた感染症なので、恥ずかしがる必要はありません。

 

とはいえ、感染症が疑われる場合はきちんと病院に行って診察を受けると安心ですね。においやかゆみの原因となっている感染症を治すことで悩みとすっきりお別れできる場合も多いようです。

 

 

 

このように、陰部のにおいとかゆみはとても密接な関係にあります。

 

原因を同じくする場合も非常に多いので、それを解消すればかゆみ・においともに消すことだってできますよ。

 

陰部のにおい・かゆみが気になる時は、ご紹介した3つの原因に心当たりがないか、セルフチェックしてみてくださいね!

 

手軽に確実にケアできるニオイ対策をランキングで!