陰部 臭い 洗い方

MENU

陰部の臭い対策のための正しい洗い方をマスターしよう♪

陰部の臭いが気になると、「病気かな?」「自分だけにおうのかな!?」と不安になり、対策法をあれこれ知りたくなってしまいませんか?

 

しかし、臭い対策の第一歩は「正しく洗う」ということです。

 

というのも、陰部は複雑な構造をしているため正しく洗うのは意外と難しいという事実があるからなんですよ。陰部のにおい対策のために、まずは、正しい洗い方をマスターしましょう!

これが正解!陰部の正しい洗い方

陰部の洗い方って家族や友人にも聞きにくいですよね。これから正しい洗い方を手順ごとにご紹介するので試してみてくださいね。

手順@石鹸をしっかり泡立てる

陰部はデリケートで傷つきやすい場所。そのため、石鹸をしっかり泡立ててから洗いましょう。泡立てることで汚れも落ちやすくなりますよ。

手順Aアンダーヘアを洗う

アンダーヘアには意外と汚れがついているもの。泡をたっぷりつけて、根もとからしっかり洗いましょう。

手順B指の腹でヒダ部分を洗う

陰部はひだが重なった複雑な構造をしています。そのため、しっかりと指で洗う必要があります。その際には指の腹を使って優しくこすり洗います。

 

また、洗う時には前から後ろに向かって洗うようにしましょう。

手順Cぬるま湯で石鹸成分が残らないように洗い流す

陰部に石鹸成分が残っていると、それが雑菌のえさとなって臭いが悪化してしまうことがあります。ぬるま湯のシャワーですすぎ残しのないように洗い流しましょう。

 

以上が陰部の正しい洗い方♪きちんとできていましたか??

これはNG!陰部を洗う時に気をつけたいこと

臭い対策のために陰部を念入りに洗いたいという方、多くいらっしゃるのではないかと思います。

 

しかし、実はNGな洗い方があるので、最後にそれをご紹介しておきたいと思います。

NG習慣@タオルやスポンジで洗う

陰部を洗う時、タオルやスポンジを使った方が汚れがしっかり落ちそうな気もしますが、これはNG。陰部に摩擦刺激を与えてしまい、炎症の原因となる場合があります。やはり、たっぷりの泡と指で洗うのがおすすめです。

NG習慣A膣内まで洗う

におい対策のためといって膣内まで洗うのは実はNG。自浄作用を乱して臭いをきつくしてしまう恐れもあるんです。陰部を洗う時には要注意ですね。

 

 

この記事では陰部の正しい洗い方とNG習慣をご紹介しました。人には聞きにくいデリケートなこと…だけに、しっかりおさらいして毎日のにおいケアに役立ててくださいね♪

 

これさえあればニオイ対策も万全?!最強のニオイ対策はこれ!