陰部 臭い おりもの

MENU
インクリア

疲労やストレスなどの体調不良で膣内環境が悪化し、おりものが臭ってしまうことがあります。こういったときは、疲労やストレスの原因を取り除くのと同時に膣内環境を元に戻していきましょう。

 

インクリアは、産婦人科医と共同開発された専門医療品。身体にやさしく膣の自浄作用を正常に戻していきます。

 

>>口コミはこちらで☆

 

価格

評価

備考

1,296円

陰部,あそこ,臭い,ニオイ,におい,対策,性器,石けん,香水,デリケートゾーン

中身が分からない無地段ボールで配送

おりものの臭いを消すおすすめの方法教えます!

いつも清潔にしているのに、
陰部のニオイが気になる。
どうも、おりものが臭っているみたい。
というときは、膣の自浄作用が低下していることが考えられます。

 

例えば生理前後はおりもののにおいが強くなり陰部のニオイがより気になるようになりますし、膣の自浄作用が低下して雑菌が繁殖することでも陰部のにおいが強くなることもあります。

 

本来膣の中はいつもは酸性に保たれています。そのため、細菌が侵入したり増殖したりするのを防いで、膣内を清潔な状態に保っているんですね。

 

ただ、生理前やストレスや疲労などで体調が悪かったり、臭いに神経質になるあまり膣内まで石けんで洗ったりして善玉菌まで洗い流したりすると、膣内の自浄能力を弱め、おりものの量が増えたりニオイが強くなったりすることがあるのです。

 

なので、ちょっとおりものが臭うぞ?と思ったら、膣内環境のバランスが崩れていると考えられます。そのため、陰部のにおい対策としては膣の自浄作用を整えたり、おりものケアをすることも有効なんですよ。つまり、外陰部を洗って清潔に保つのと同時に、「膣内環境のバランスを元に戻す」のです。

でも、どうやって?

ですが、膣のケアって具体的にはどうしたら良いかよく分からないですよね。多くの方はとにかく清潔にしようと、ウォシュレットの「ビデ」を使うかもしれません。

 

しかし、「ビデ」を使いすぎると、膣の自浄作用を乱し、陰部のニオイを余計悪化させてしまうこともあるということをご存知ですか?

 

そのため、陰部のにおい対策法の一つとしては「専用の洗浄液で膣を洗う」ということが有効なんですよ。

 

そのためのグッズとして、産婦人科医との共同開発で生まれたのが「インクリア」。膣内環境を良い状態に保つために必要な乳酸配合のジェルを注入するための専門医療品です

 

インクリアは、膣内を洗い流すのではなく、乳酸で良い状態に戻す働きをします。なので、外陰部を優しい石けんできれいにするのとあわせて使うと、おりものの臭いが気になっているときの臭い対策としてさらに万全になりますよ♪

 

 

 

※おりものの色が黄色・褐色っぽくなったり、チーズのように固まってぽろぽろとした状態になった場合は、感染症などの場合もありますので、お医者様に見てもらってくださいね。

 

通常は、膣内までのケアは必要ないので・・・

膣内には自浄作用があるので、通常はわざわざ洗う必要はありません

 

陰部の臭いが気になると思ったときは、陰部専用の刺激の少ない石けんで外陰部をやさしく洗っておけば普通は十分なんですよ。

 

なので、上記のインクリアのような膣内洗浄グッズは、ニオイ対策用品としては一番最初に検討するものではないかもしれません。

 

陰部からニオイがする?と思ったらおりもののニオイよりもむしろ、身体の中からニオイ(アンモニア臭)が出ている場合もあるので、その場合はサプリなども検討してみた方が良いこともあります。

 

そのためのおすすめの一つが、「フロプリー薬用パーフェクトセット」。サプリと薬用石けんで身体の中と外からニオイケアをしてくれます。

 

詳しくはコチラの記事でご紹介していますので、よろしければあわせて検討してみてくださいね。