陰部 カンジダ 臭い

MENU

カンジダで陰部のニオイが発生する?強くなる?対策方法は?

カンジダとは、膣内に常在するカビのこと。普段は悪さをしないのですが、免疫力が低下した時などにカンジダが増殖すると、カンジダ膣炎になってしまう場合があるんです。

 

カンジダ膣炎はごくありふれた疾患なので、もしかしたら心当たりがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そこで気になるのが、カンジダと陰部のニオイの関係です。ここからは、カンジダ膣炎になるとどんな症状・変化が表れるのかを解説していきたいと思います。

カンジダ膣炎になったら、こんな変化が表れます

カンジダ膣炎になると、まず現れるのが「陰部のニオイの変化」です。

 

カンジダになると、陰部のニオイが発生したり、以前より強くなったりします。特に、ニオイが「生臭い」感じになったり、「魚臭」を感じる場合は要注意。

 

カンジダ膣炎の可能性が高いです!

 

また、カンジダになると「おりものの変化」が起こるのも特徴です。おりものがチーズや酒粕のように白っぽい感じになったらカンジダ膣炎を疑ってみましょう。

 

さらに、症状が進んで陰部に炎症が起こるとヒリヒリ傷んだり、我慢できないくらいかゆかったりする場合もあるのがカンジダの特徴です。

カンジダの対策方法はこれ!予防法&治療法は?

カンジダになると陰部のニオイが強くなってしまうのでできるだけ早く治したいし、発症を予防したいですね。

 

そのためには、適切な治療と予防が必要です。

なってしまったら・・・対策は病院で

カンジダになってしまったら、基本的にはすぐに病院に行くのがおすすめです。カンジダは洗浄と薬で治るので、怖がる必要はありません。

 

また、「再発」の場合は市販の薬で治療できる場合もあります。カンジダ用の坐剤やクリームについては薬剤師さんに相談してみてくださいね。

なる前に・・・予防法3つ

カンジダを予防して陰部のニオイ対策をしたいなら、まずは「ストレスや疲労を溜めない」ということを意識してみましょう。体の免疫力を高めることでカンジダ&ニオイ予防ができることを覚えておきましょうね。

 

さらに、「甘いものを摂りすぎない」こともカンジダの予防法のひとつです。血糖値が上がるとカンジダが繁殖しやすくなるため、ニオイが気になるなら甘いものは我慢してみましょう!

 

また、民間療法としては「ティーツリー」を使ったカンジダの予防法があります。エッセンシャルオイルの1種であるティーツリーは殺菌力が高いので、カンジダによる陰部のニオイ対策に使うことができるんですよ。

 

具体的な使い方を一つご紹介すると、「ティーツリーの座浴」があります。

 

これは、洗面器にティーツリーオイルを数滴たらしてそこにしばらく臀部を浸しておく…というもの。

 

カンジダになりやすい方や、カンジダによる陰部のニオイをすっきりさせたい方は予防としてこのような方法も試してみてはいかがでしょうか?

 

 

陰部のニオイが気になる時は以上のようなカンジダ対策によって改善することもあります。日頃と陰部のニオイが違うな?強くなったな?と気づいたらカンジダでないかどうかをチェックしてみてくださいね!

 

そこまでではないけど、自分でケアしたい!という人のためのおすすめBEST3は?