陰部 おりもの 臭い

MENU

おりものが臭う?陰部のにおいとおりものの臭いの関係・原因・対策

おりものの悩みって、人にはなかなか相談しにくいですよね。おりものが臭って陰部のニオイが強くなっていると感じる場合はなおさらでしょう。

 

ですが、実はおりものそのものはほとんど無臭だとご存じでしたか?おりもの自体はかすかに酸っぱいくらいのニオイで、それほど不快なニオイではないのが正常なんですよ。

 

しかし、ニオイの少ないはずのおりものが臭って陰部の臭いが強くなってしまう原因もいくつかあるんです。

 

ここでは、おりものが臭って陰部のニオイが強くなる理由・原因とその対策をご紹介していきたいと思います。

おりものは時間が経つとにおってしまう!

おりものは分泌されてすぐはほとんど臭いがない状態です。しかし、下着に付着して時間が経つと陰部のニオイの原因になるという一面があります。

 

その原因は、『雑菌』です。

 

おりものが分泌されて陰部が湿った状態になると雑菌が繁殖しておりものを分解し、においを出してしまうんです。

 

雑菌が増える理由はいくつかありますが、体の免疫力が低下したり、膣の自浄作用が低下することなどが挙げられます。

 

そのため、雑菌が原因でおりものが臭うのを防ぐ対策としては

  • 体調を整えて免疫力をアップさせる
  • ビデなどで膣内を洗いすぎない

などが挙げられるでしょう。

おりものの量が多い時は陰部のニオイに特に注意!

おりものの量は生理周期に合わせて変化します。例えば、排卵期には水のようなおりものが多く分泌されますし、生理前には粘度の高いおりものになることが多いです。

 

そして、おりものの量が多い時は陰部のニオイが強くなる可能性がある点に注意が必要です。なぜなら、おりものの量が増えると陰部がより蒸れやすくなり、ただれ(炎症)なども起きやすくなってしまうからです。

 

陰部の蒸れがひどくなったり、陰部に炎症が起きたりすると雑菌がより繁殖しやすい環境となるため、陰部のニオイが強まってしまうというわけなんですね。

 

そのため、おりものの量が多い時は

  • 下着を替える、おりものシートをこまめに取り替える
  • 通気性の良い下着やボトムスを身につける

などの対策で陰部のニオイを防ぎましょう。

常におりものが臭うのは病気の場合もあります

ここまでは雑菌が原因のおりもの臭についてご紹介しましたが、実は、病気が原因でおりものそのものが臭ってしまう場合もあるんです。

 

おりものそのものが臭ってしまう病気としては、カンジダ膣炎、細菌性膣炎、トリコモナス膣炎、淋病、クラミジア感染症、子宮がんなどが挙げられます。

 

このような病気が原因で陰部のニオイが強くなってしまった場合は外陰部を清潔にしたり、おりものシートなどでケアしたとしてもニオイが改善しないことも多いようです。

 

対策は、当然ながら原因となっている病気を治すことです。セルフケアを続けると病気が悪化してしまうこともあるので、「いつもと臭いが違うな」「おりもの自体が変だな(色、粘度など)」と感じたら、お医者さんに相談してみることをおすすめします。

 

 

おりもののニオイや量にはかなり個人差があるもの。おりもののニオイケアを通じて普段から自分のおりものについて知っておくと、健康管理にも役立てることができるのでおすすめですよ。

 

おりものを悪者扱いせず、上手に対策してニオイを防いでいきましょう!

 

自分でおりもののニオイ対策をしたい人へのおすすめはコレ!